ライフオーガナイズ

Category Archive ライフオーガナイズ

未来が見えなかったら、好きなことを思い出して!

片づけは、決して人生の目的ではありません。

片づけは、自分の叶えたい未来をつくるための手段です。

だからこそ、「あなたが願うのは、どんな未来ですか?」と質問します。

けれど、その未来を明確に描ける人は、なかなかいないと思います。

 

小さな未来から見てみましょう

未来を考えるとき、「ちゃんとした未来を考えないといけない」と思いませんか。

今よりも素晴らしい、ワクワクするような素敵な未来。

でも、それは、本当の自分の理想なのでしょうか。

たとえば…

今、何かやりたいことがあり、その目標を叶えている未来は、描きやすいですね。

今、素敵な人がいて、その人と家庭を築くという未来は、とてもわかりやすいです。

けれど、本当に叶えたい未来は、そんなに明確でなくてもいいのかもしれません。

自分の時間が持てるようになる。

家族みんなが笑顔で日々を暮らしている。

友達や彼を家に招いてワイワイ騒いでいる。

今よりも、少しだけワクワクする未来。

「では、そのためには、何をしたらいいのか…」

それを考えるだけで未来に近づいていくと思いませんか。

大きな夢が描けなくても、素晴らしい未来が見えなくても

今より少しだけ笑顔が増えるような、そんな未来を想像しませんか?

 

好きだったことにヒントがある

私は、50歳を迎えた時、自分の歩みたい道が見えなくなって苦しんだ時期がありました。

まだまだ自分にもできることはあるんじゃないか、何か夢中になれるものを見つけたい。

人の役に立つ、自分が生きている意味を見つけられるようなものはないだろうか…。

そんな風に考えても、なかなか見つかりません。

そんなある日、昔からやっていた気分転換の方法、引き出しの中の整理をしてスッキリ。

そして、「これ、何か役に立たないかしら」と調べ始めて、たどり着いたのが片づけの仕事。

ライフオーガナイザー®として活動するようになり、住宅の図面を見るのが好きなのを思い出しました。

中学校の家庭科の時間に、理想の家の間取りを書いたんのですが、これが自分的には素晴らしい出来で大満足。

あの図面、残しておけばよかったなぁ~。

思えば、そんな頃の『好き』から、今が繋がっているのだと思います。

あなたの好きは、なんですか?

それが、これからの未来に繋がっていくかもしれません。

なんだか自分の歩む未来がわからなくなったら、子供の頃の『好き』を思い出してみてくださいね。

あなたにとってちょうどいいバランスを見つけるためのヒントをお伝えしています。
空間と心の片づけで、小さな幸せを感じられる笑顔の日々でありますように。
ライフオーガナイザー🄬 藤原浩子

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

片づけは、選ぶことから始まります。

片づけのはじまりは『捨てる』ではなく『選ぶ』です。

捨てるものを探すのではなく、自分に必要なもの、ふさわしいものを選ぶ。

そうして自分自身で選んだもので、暮らしをつくっていくのです。

 

選ぶってどういうことなの?

片づけを始めるときに、『捨てる』に注目してしまうのには、理由があります。

  1. 本や雑誌に載っている素敵な家が、片づけの正解だと思っているから。
  2. 捨てれば、なんとかなると思っているから。
  3. 今ある物を、ちゃんと管理できていると感じられないから。

片づけの正解は、人それぞれです。
決して、本や雑誌に載っている部屋が、自分に合うとは限りません。

物が多いから捨てればなんとかなると思って捨ててみても、また家の中に物が入ってきて元の木阿弥、なんてことはよくある話です。

今ある物や家の現状が、いい状態だと思える人が、どれだけいるでしょう。
少なからず、今の日本の生活では、物がありすぎると感じている人の方が多いのではないでしょうか。

だからこそ、物を選ぶことに注目してください。

あなたは、5年後、どんな暮らしをしていたいですか?

その5年後の自分の暮らしにふさわしいもの、持っていたい物を選ぶのです。

 

片づけは人生を考えること

いるかいらないか、使っているか使っていないか、で物を見ているだけでは根本的な解決になりません。

暮らしを整えるための片づけをするためには、物と向き合う必要があります。

ひとつひとつ手に取り、自分にとって必要な物なのかどうかを考えるとき、物の役割ではなく、その物と自分との関係を考えることになります。

それは、自分の人生を見つめることにもつながっていくのです。

あなたは、どんな未来を思い描きますか?

未来のあなたは、どんな姿でいたらいいと思いますか?

その未来の自分が持っていたい物かどうか。

未来の自分は、それを持っていて幸せだったり嬉しかったりしているのかどうか、少しずつ考えてみてください。

その時のあなたが、笑顔でいたらいいな、と思います。

物を捨てるのではなく、物を選ぶ!

まずは、そこから片づけをはじめましょう。

あなたにとってちょうどいいバランスを見つけるためのヒントをお伝えしています。
空間と心の片づけで、小さな幸せを感じられる笑顔の日々でありますように。
ライフオーガナイザー🄬 藤原浩子

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

捨てるものを探さないで!

「さぁ、片づけをしよう!」となったら、最初にすることって何ですか?

もしかして、まず、捨てるものを探していませんか?

毎日、「今日は、何か捨てる物ないかな?」と、家を捜索したりしていませんか?

もちろん、それで、自分が納得していれば問題ないんです。

ただ、

「捨てるの大好き!」
「捨てるとスッキリ!」
「捨てると幸せ!」

そんな風に思っているとしたら、それは本当に心からの正直な声なのか、ちょっと考えてみてください。

 

捨てる物って何?

もちろん、ごみは捨てなくっちゃダメですよね。

特に、残った食料などは、そのままにしていたら腐ったり、匂ったり、衛生的にも問題ありますもん。

でもそれは、片づけではなく掃除かもしれませんね。

それ以外の物、例えば家にあるほとんどのものって、一度は、必要だと思って家に入れたはずです。

だから、それを捨てるとなったら、やっぱり心がちょっぴり痛みますよね。

チクッと心が痛くなりながら、それを見て見ぬふりをして捨てることを続けていると、

そのうち心が苦しくなってくるかもしれません。

捨てることって、やっぱり少なからず辛いのです。

だから、捨てることを、あまりにも簡単に繰り返していることも、ちょっと危険だと思うのです。

 

注目するのは捨てることではない

以前、毎日、毎日、捨てる物をブログにアップしている方がいました。

「今日も、〇個捨てました」
「だんだん家が片づいてきてうれしい」
「部屋がスッキリしました」

そんな言葉が並んでいました。

それからしばらくして、こんな言葉が書かれるようになってきたのです。

「毎日、毎日、捨てる物のことばかり考えて、なんだか疲れました」

「外に出たら、買い物をしたくなってしまうから外出する気にもなれません」

「本当は、ウィンドショッピングをしたり、オシャレをするのが好きだったのに、
また買ってしまったら、捨てなくてはならないのかと思うと、怖くなります」

その方は、どうして捨てることを始めたのでしょう…。


『捨てること』、それは目的ではないはずです。

本当の目的は、あなたの暮らしをよりよくすること。
 物を、〇か×かで見ないでください。
×なものを探さないでください。どうして捨てなくてはいけないと思ったのか?

片づけようと思った本当の目的はなんだったのか?

ちゃんとそれを、忘れないでくださいね。

あなたにとってちょうどいいバランスを見つけるためのヒントをお伝えしています。
空間と心の片づけで、小さな幸せを感じられる笑顔の日々でありますように。
ライフオーガナイザー🄬 藤原浩子

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

やっぱり片づけって捨てること?

あなたは、『片づけ=捨てる』だと思いますか?

片づけの話をするとき、多くの人は「私、捨てられないのよね…」とか、「捨てればいいとは思うんだけど…」と、いつの間にか、片づけの話が捨てる話になっていることは多いです。

でも、片づけと捨てることって、決してイコールではないんですよね。

 

片づけブームの始まり

片づけブームの始まりは何かと調べてみたら、2000年に発売された「捨てる!」技術という本ではないかと言われているようです。

その後、やましたひでこさんの断捨離がブームとなり、2010年には流行語にもなりました。

断捨離という言葉は、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用しているそうです。

そして、ここ数年は、物を最小限に減らして暮らすミニマリストが注目されるようになりました。

ミニマリストとは、必要最小限のという意味の『ミニマルの物で暮らす人』という意味ですね。

物への執着を断ち不要な物を捨てる、必要最小限の物しか持たない、という考え方。

この流れを見ていると、やっぱり『片づけ=捨てる』という感じですよね。

特に、断捨離のインパクトは強いですし、そのイメージはストイックな感じさえします。

そのため、「捨てなくてはいけない!」という思いが根強いのかもしれません。

 

物の量もバランスです

でも、私は、こう思うのです。

『片づけ=自分らしい暮らしをつくること』

本来は、誰かが良いと言う物の量にすることでも、誰かの暮らしと同じにすることでもないはずなんです。

物が多いか少ないかが重要なのではなく

  • 自分が管理できる物の量
  • 自分が心地よい物の量

それは、やっぱり自分にちょうどいいバランスなのではないかと思うんです。

あなたにとって、ちょうどいい量はどのくらいですか?

物が多いと思うのはなぜ?

雑誌に載っている素敵な部屋と比べてみてもダメですよ、それは、あなたではなく、他の人の暮らし。

あなたの暮らしにとってちょうどいい物の量を考えてみませんか?

片づけは、そこから始まると思うのです。

あなたにとってちょうどいいバランスを見つけるためのヒントをお伝えしています。
空間と心の片づけで、小さな幸せを感じられる笑顔の日々でありますように。
ライフオーガナイザー🄬 藤原浩子

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

片づけってどんなこと?

私たちは、日々、『片づけ』という言葉を、案外、簡単に使っていますよね。
けれど、その意味を本当に理解して使っているのでしょうか?

「片づけて!」と誰かに言う時、その相手は、その意図をちゃんと理解していますか?

まずは、『片づける』という根本的なことをちょっと考えてみたいと思います。

 

『片づける』ってどういうこと?

『片づける』をgoo辞書で調べてみると、

  1. 物を、適当な場所にきちんと入れ納める。乱雑に置かれている物をまとめ整える。
  2. 仕事をすっかり終わらせる。物事をうまく処理する。
  3. 嫁入りさせる。縁づける。
  4. じゃまになる者をいなくする。殺す。

こんなにいろいろな意味があるんです。

  1. が、私たちが普段使っている『物を片づける』という意味ですね。
  2. は、その状態を終わらせる、という意味で、物ではありません。
  3. になると、すっかり物は関係なくなり、嫁入り(結婚)の話です。
  4. まで来たら、物騒な殺人という意味なんですよ。

片づけると言っても、その意味はこれだけあるんですから、話はそんなに簡単ではないはずです。

それなのに、ついつい簡単に「片づけて!」って叫んでいますよね。

 

「片づけて!」を理解してもらうために

「片づけて!」と言われて、それが殺人だと思う人は、ものすごく少数派でしょう。
だからと言って、その「片づけて!」の意図を相手が理解しているとは限りません。

あなたは、食事をする前に「片づけて!」と家族に言う時、どんな状態を期待していますか?

  • テーブルのものを、端にまとめてほしい。
  • テーブルのものを、下に置いてほしい。
  • テーブルのものを、部屋のどこかに置いてほしい。
  • テーブルのものを、違う部屋に持って行ってほしい。
  • テーブルのものを、あるべき場所に戻してほしい。

それがどれにしても、その意図は、ちゃんと家族に伝わっていますか?

「片付けて!」の言葉を聞いた家族は、どうしたらいいのかわからないのかもしれません。
だから、何もしてくれなかったり、その辺に適当に置いたり…

あなたの思うようにできていないのは、
片づけられないのではなく、どうしたらいいのかわからない!
それだけかもしれません。

そしてなにより、
あなたの意図が伝わっていない!
ということもあるのです。

このブログを読んだら、ちょっと声掛けを変える実験をしてみてください。

たとえば、何か、箱などを用意して、こんな風に言ってみるのはどうでしょう。
「さぁ、ごはんよ! テーブルの上のものを、一旦、そこにある箱に全部入れてね」

「片付けて!」という言葉ではなく、
やってほしい行動をきちんと説明する!
それだけで、今、何をしたらいいのか理解できるはずです。

さぁ、結果はいかに…
実践したら、ぜひ、結果を教えてくださいね。

 
あなたにとってちょうどいいバランスを見つけるためのヒントをお伝えしています。
空間と心の片づけで、小さな幸せを感じられる笑顔の日々でありますように。
ライフオーガナイザー🄬 藤原浩子

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村